私の行っている減量は本当に第1に、毎日の総カロリーを治める事です。
理論的には毎日の支出カロリー以上にカロリーを摂取しない施術だ。

第2に、現代は1日に3度のミールが通常とされていますが、奴は空腹タイミングが長くなると脂肪を体躯に貯めよう、貯めようとするという枠組みが動く品物なので、極力空腹印象を感じるタイミングを作らないようにいつもお腹八分目の実態をキープするように努める事です。
これは相撲受け取りが肥える(脂肪をつける)説とも合致している。

お相撲くんは太りたい(ウエイトを増やしたい)のに毎日2食しかミールを取りません。
太りたいならなぜ、学習といった寝ている以外は食べないのか?というのが私のヒヤリングの始め種目でした。

調べてみるとこれらしたような枠組みが人間の体躯には備わってあり(人間25万ご時世の年季の中で飢えから開きされて、まだまだ若干長期しか経っていません。大昔の女性が肥満なほうが美しいとされていたのは、利益の証明かもしれません。肥満=金持ち、財力があるので献立が手に入る=貴族の高貴な淑女)
お相撲くんはモーニングの前に強い学習をし、空腹印象を極限まで高めてドカ食いをします。
ドカ食いは肥える抜け道なのです。

ならば、その逆をやれば痩せこけるのではと見なし、一年中に何回食べても嬉しい(当然カロリーのちっちゃいものを食するように心掛ける)、空腹印象を感じないように努めるのが痩せこける近道なのではと考えるようになり、実践しております。

第3に、奴は交感神経優位実態といった副交感神経優位実態が交互におとずれ、日の出ている間は交感神経が優位で、カロリーを支出決める、支出決めるという状態になっているので、午前といった昼間はさほどカロリーのおっきい油っこいものを取るようにしています。
(甘味を召し上がるも夜は我慢して、午前もしくは昼間に召し上がるようにしています。おんなじカロリーを採り入れるのでも体躯が支出決める、支出しようとしておる実態と、体躯がとっくに手遅れ下落に入り、カロリーを貯めよう、貯めようとカロリー支出ムーブメントが低下している時に取るのでは、体躯に脂肪を蓄積する音量が何一つ違う)

カロリーを意識する事項、空腹印象を感じないようにする事項、交感、副交感神経を意識する事項。
こういう3つが私の減量法だ。ペニス増大サプリ